インフルエンザA型の潜伏期間中に他の人へ感染させない方法とは?

インフルエンザ a型 潜伏期間

 

毎年のように流行する季節性インフルエンザは、その大半がA型に分類されています。

 

A型は100種類以上存在しており、毎年流行するタイプが異なるので、毎回冬になるとニュースなどで流行の知らせが届くのです。

 

そんなインフルエンザA型ですが、潜伏期間はどれぐらいなのか気になるところですよね。

 

そこでこの記事では、インフルエンザA型の潜伏期間がどれぐらいなのかについて理解しつつ、その時に取るべき行動を紹介していきます。

 

 

1.インフルエンザA型の潜伏期間はどれぐらい?

 

インフルエンザ a型 潜伏期間

 

インフルエンザA型は、毎年のように流行し、インフルエンザにかかると見られる代表的な症状を出すタイプです。

 

他にもBやCといったタイプがありますが、発症する時期が異なったり感染力が高くないなどの理由から、ほとんど取り上げられません。

 

ではインフルエンザの代表とも言われる、A型はどのぐらい潜伏期間があるのでしょうか?

 

潜伏期間というのは、インフルエンザウイルスが体内に侵入してから、症状が出始めるまでを指します。

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザA型の場合、通常は「1〜3日」程度で発症しますが、これは他のウイルスに比べて驚異的に短いです。

 

通常の風邪は7〜10日程度の潜伏期間を経て発症する点を考えると、かなり短いですよね。

 

これは体内に侵入したインフルエンザウイルスが、驚くべきスピードで増殖し免疫機能が異常を察知するまでの期間が短いことを意味しています。

 

それだけインフルエンザウイルスは感染力が強く、人間にとって脅威であると理解できるでしょう。

 

さてこの潜伏期間ですが、1〜3日程度が一般的ですが、もちろん個人差があります。

 

免疫力の関係で7日程度潜伏した後に発症する場合もあれば、発症せずにそのままウイルスが撃退されるケースもあるのです。

 

 

2.インフルエンザA型の潜伏期間中でも人にうつす?

 

インフルエンザ a型 潜伏期間

 

インフルエンザA型が体内に侵入し発症するまで、通常の風邪よりも期間が短いことが分かりました。

 

ここで気になるのは、インフルエンザA型の潜伏期間中でも他の人へウイルスをうつしてしまうのか、という点ですよね。

 

感染力が強く飛沫感染が容易に起こるため、世界的に大流行するインフルエンザですから他の人へ迷惑をかける感染は、どうにかして阻止したいもの。

 

スポンサーリンク

 

実はインフルエンザA型は、発症してからよりも影響は小さいですが潜伏期間でも他の人へうつすだけの力は持っています

 

つまり自身はまだインフルエンザの症状が出ていない時期から、相手へうつしてしまう可能性があるのです。

 

通常は発熱や寒気などの症状が出てから、他の人へうつさないように気を付けますよね?

 

ですが症状が出始める前、潜伏期間中から相手へうつしてしまう恐れがあるというのは、非常に厄介です。

 

だからこそ、毎年何百万人がインフルエンザに感染する訳です。

 

 

3.インフルエンザA型の潜伏期間に取るべき行動とは?

 

インフルエンザ a型 潜伏期間

 

インフルエンザA型は短い潜伏期間でも、他人へうつす厄介な点が浮き彫りになりました。

 

感染を1人でも減らすには、体内にウイルスを保有している人が取る「行動」に、全てがかかっていると言えます。

 

しかし潜伏期間中は症状が出ない訳ですから、自身が今ウイルスを保有していると、どうやって気付くのでしょうか?

 

残念ながら、潜伏期間中だと気づくことはできず、「もしかしたら、保有しているかも」という可能性を考慮した行動が重要です。

 

というのもウイルスは生物ではないので、自分の意思で動くことはできません。

 

ウイルスを口や鼻から吸い込み体内に入れることで、細胞に入り込み増殖を繰り返すのです。

 

ですからどこかでウイルスを体内に取り入れてしまったので、その可能性を探ることは可能。

 

たとえば、満員電車や人が多く集まる遊園地、繁華街などに行きませんでしたか?

 

そして咳やくしゃみなどをしている人が、身近にいてインフルエンザを発症させていなかったでしょうか。

 

こうした点を考慮していくと、もしかしたら潜伏期間なのかもと考えることができます。

 

そして可能性が少しでもあれば、その間に取るべき行動は決まってきますよね。

 

家でもマスクを装着し、部屋の湿度を上げ、手洗いやうがいをしっかりと行います。

 

自分が発症するのは仕方ないとしても、それを他人にうつさないために、潜伏期間と考えられるならしっかりと感染させない行動を取るべきです。

 

 

まとめ

 

インフルエンザ a型 潜伏期間

 

ここでは、インフルエンザA型の潜伏期間がどれぐらいなのかについて理解しつつ、その時に取るべき行動について紹介していきました。

 

インフルエンザA型の潜伏期間は1〜3日程度と言われ、期間が非常に短い特徴があります

 

厄介なのは潜伏期間でも他人へうつすほど感染力が強いので、知らない間にうつしてしまう恐れがあるのです。

 

自身がインフルエンザウイルスを保有している可能性が少しでもあるなら、相手へうつさないためにできる行動を取りましょう。

スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


インフルエンザ a型 潜伏期間
【最新】インフルエンザの予防接種を受ける効果や費用まとめ



インフルエンザ a型 潜伏期間
【インフルエンザ】風邪との症状の見分け方と発症原因まとめ



インフルエンザ a型 潜伏期間
インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?潜伏期間中の注意点とは?



インフルエンザ a型 潜伏期間
死を招く可能性も!インフルエンザ脳症が起こる原因と予防法



インフルエンザ a型 潜伏期間
予防効果はあるの?インフルエンザのワクチン接種が重要な理由



インフルエンザ a型 潜伏期間
薬で予防が可能?インフルエンザが治療薬で予防できる理由と注意点



インフルエンザ a型 潜伏期間
【インフルエンザ】予防接種や治療薬で起こる副作用の症状と注意点



インフルエンザ a型 潜伏期間
風邪とインフルエンザの症状の違いを簡単に見分ける方法



インフルエンザ a型 潜伏期間
インフルエンザウイルスが空気感染する理由と対処法まとめ



インフルエンザ a型 潜伏期間
その解熱剤…危険かも?インフルエンザに解熱剤が危険な理由とは?



インフルエンザ a型 潜伏期間
インフルエンザの感染期間中に相手へうつさない方法と注意点とは?



インフルエンザ a型 潜伏期間
インフルエンザに効果的なマスクの選び方と正しい着用方法



インフルエンザ a型 潜伏期間
インフルエンザでもお風呂に入れるの?お風呂に入れる時期と注意点



インフルエンザ a型 潜伏期間
インフルエンザが完治するまでにかかる期間を短くする方法



インフルエンザ a型 潜伏期間
免疫力で感染するか決まる?インフルエンザの感染を予防する方法



インフルエンザ a型 潜伏期間
湿度を上げると感染しない?インフルエンザと湿度の関係とは?