登校させて大丈夫?インフルエンザで出席停止になった際の注意点

インフルエンザ 登校

 

インフルエンザに感染したら、数日間は高熱や筋肉痛といった通常の風邪とは異なる症状に悩まされるので、大変ツラい数日間を送ります。

 

子どもや高齢者にとっては合併症を引き起こす危険もあり、重症化して場合によっては命の危険もあるほど、インフルエンザは怖い病気です。

 

そんなインフルエンザですが、子どもが発症したらいつ登校したら良いのかなど、疑問を抱く点は多いですよね。

 

そこでこの記事では、インフルエンザにかかったらいつ頃から登校できるのかと、登校する際の注意点について紹介していきます。

 

 

1.インフルエンザにかかったらいつから登校できるの?

 

インフルエンザ 登校

 

インフルエンザは感染症に分類されているので、学校では文部科学省が定める規定によって出席停止の処置が施されています。

 

この規定は定期的に見直しが行われており、最近では2012年に法律が改正されました

 

これによると、「解熱後2日間」と「発症後5日間」は出席停止の措置が取られます。

 

ここで大切なのは、2つの項目それぞれの条件のいずれも満たされている必要があるという点です。

 

スポンサーリンク

 

日数のカウントは、発熱が見られた日を発症0日目とし、そこから発熱が起きた日にちを記録していきます

 

たとえば、解熱後2日間というのは、発熱が見られた日が0日目なので、そこから発熱のカウントが始まり、解熱された日から2日間は出席停止です。

 

12月1日にインフルエンザを発症したら、12月2日を発症1日目とするので、5日間の出席停止の条件をクリアするには12月6日まで待たなければいけません。

 

ここで、12月4日に解熱したとすると、そこから2日間は出席停止なので、12月6日までは自宅で安静にしている必要があります。

 

この場合は2つの条件がクリアされるのは12月7日なので、12月7日から学校へ行けるという計算になるのです。

 

法律は大学も適用されているので、大学生であっても2つの条件をクリアしなければ出席はできません。

 

一方、高等専門学校を除く専門学校は、法律の範囲外であり、インフルエンザへの対応については独自に規定が設けられているケースが多いです。

 

 

2.家族がインフルエンザにかかった場合は登校して問題なし?

 

インフルエンザ 登校

 

インフルエンザは感染力が強いので、家族の誰かがインフルエンザになると他の家族がうつされるケースは少なくありません。

 

学校に通っている人の親や兄弟姉妹が、インフルエンザにかかったら、子どもを登校させるべきか判断に迷う親も多いでしょう

 

実際のところ、法律には出席停止にするような規定はありませんが、感染症という点を考慮に入れて行動するべきです。

 

スポンサーリンク

 

つまり、登校は避けたほうがよいと判断できます。

 

感染しても潜伏期間中は自覚症状はないので、知らない間にクラスメイトにうつす可能性も…。

 

登校を避ける日数など具体的な点については、学校によって定められる日数などにバラつきがあります

 

子どもを休ませる電話をした際に、ついでに聞いてみると良いでしょう。

 

 

3.インフルエンザの症状が治まっても登校できない?

 

インフルエンザ 登校

 

最近は抗インフルエンザ薬が、より効果が出るようになってきており、発症してから48時間以内に服用すれば軽い症状で治せるようになりました。

 

そのため薬を飲んで寝ていたら、すっかり体調が良くなり、今からでもすぐに動けるほど元気になる子どもは少なくありません。

 

あまりにも元気だから、「もう登校させても大丈夫そう」と思えてきます。

 

インフルエンザの症状が治っていれば、登校させても大丈夫なのでしょうか?

 

今までインフルエンザの出席停止の法律は、「解熱後2日間まで」でした。

 

それが2012年の法改正で、「発症してから5日間」という条件が追加されたことは前章でも取り上げましたが、法改正された理由をご存知ですか?

 

それは「薬の効果が高く、解熱が早く起こったが、依然インフルエンザを感染させる」という点が危惧されたからです

 

つまり上記のように熱がすぐに下がり、解熱後2日間の措置では、ウイルスが体内に残った状態(感染させる状態)で登校することになります。

 

ですから元気な子どもであっても、発症してから5日間は出席できないようにしました。

 

こうした成り行きを考えるなら、子どもの熱がすぐに下がって元気な姿を見せたとしても、登校はさせず法律に従ってください。

 

 

4.インフルエンザで登校できない際の注意点

 

インフルエンザ 登校

 

インフルエンザで登校できないと、暇と体力を持てあました子どもと、どう接するべきか迷いますよね。

 

家にいさせても退屈だろうからと、近所の公園に連れていかないように注意してください。

 

出席停止の措置は、クラスメイトにうつさないためのものですから、公園に連れ出してしまえばその公園にいる子どもや親にうつしてしまうので意味がありません。

 

同様に人の多い場所や満員電車、遊園地などに連れていくこともやめましょう。

 

可哀想ではありますが、家の中で過ごさせてください。

 

また家族が感染しないように、感染者が安静にしている部屋の湿度と温度を常に一定にしておきます。

 

室温は20℃、湿度は50〜60%が理想です。

 

また1時間に1〜2度は空気の入れ替えをし、ウイルスが室内に充満するのを避けます。

 

こうしたこまめな行動が、家族内の感染を防止するのに役立つでしょう。

 

 

まとめ

 

インフルエンザ 登校

 

ここでは、インフルエンザにかかったらいつ頃から登校できるのかと、登校する際の注意点について紹介していきました。

 

2012年の法改正により、学校に通う人は「解熱後2日間」と「発症後5日間」の条件をクリアしなければ、出席できません

 

期間内に子どもを登校させてしまうと、クラスメイトや先生にうつす恐れがあり感染がさらに広がってしまいます。

 

インフルエンザは感染力が強いので、家の中で安静にし、外へ連れ出すのも控えましょう。

スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


インフルエンザ 登校
【最新】インフルエンザの予防接種を受ける効果や費用まとめ



インフルエンザ 登校
【インフルエンザ】風邪との症状の見分け方と発症原因まとめ



インフルエンザ 登校
インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?潜伏期間中の注意点とは?



インフルエンザ 登校
死を招く可能性も!インフルエンザ脳症が起こる原因と予防法



インフルエンザ 登校
予防効果はあるの?インフルエンザのワクチン接種が重要な理由



インフルエンザ 登校
薬で予防が可能?インフルエンザが治療薬で予防できる理由と注意点



インフルエンザ 登校
【インフルエンザ】予防接種や治療薬で起こる副作用の症状と注意点



インフルエンザ 登校
風邪とインフルエンザの症状の違いを簡単に見分ける方法



インフルエンザ 登校
インフルエンザウイルスが空気感染する理由と対処法まとめ



インフルエンザ 登校
その解熱剤…危険かも?インフルエンザに解熱剤が危険な理由とは?



インフルエンザ 登校
インフルエンザの感染期間中に相手へうつさない方法と注意点とは?



インフルエンザ 登校
インフルエンザに効果的なマスクの選び方と正しい着用方法



インフルエンザ 登校
インフルエンザでもお風呂に入れるの?お風呂に入れる時期と注意点



インフルエンザ 登校
インフルエンザが完治するまでにかかる期間を短くする方法



インフルエンザ 登校
免疫力で感染するか決まる?インフルエンザの感染を予防する方法



インフルエンザ 登校
湿度を上げると感染しない?インフルエンザと湿度の関係とは?