インフルエンザで学校や会社を休める期間と注意点まとめ

インフルエンザ 休み

 

インフルエンザにかかると、学校や会社を休まなければならず、周囲に迷惑をかけてしまいますよね。

 

とはいってもウイルスが目に見える訳でもありませんから、完全に予防するのは不可能であり、誰もインフルエンザにかかりたいとは思いません。

 

そんなインフルエンザですが、医師から診断を受けたら、学校や会社、さらに公務員の場合は、どれぐらい休まなければいけないのかとの疑問が残ります。

 

そこでこの記事では、インフルエンザの休みに関しての基本情報を理解しつつ、注意点について紹介していきます。

 

 

1.インフルエンザで学校は何日休む必要があるの?

 

インフルエンザ 休み

 

子どもや高齢者は免疫機能が整っていない関係で、ウイルスや細菌に感染しやすい傾向があります。

 

そのため学校に通っている子どもは、1人がインフルエンザに感染するとクラスメイトがうつされやすいため、出席停止の措置が法律により定められているのです。

 

この法律は常に見直しがされており、2012年に大きく改訂されました。

 

今までは、「解熱後2日間は出席停止」と定められており、インフルエンザと診断されて解熱したとしても、そこから2日間は感染させる可能性が高いとしていました。

 

スポンサーリンク

 

2012年に改訂された内容によると、解熱後2日間は出席停止に加えて「発症後5日間は出席停止」という項目が追加されているのです。

 

たとえばインフルエンザを発症した翌日に解熱したら、そこから2日後なので発症後4日目で出席できたものを、解熱が早くても発症してから5日間は出席停止にしています。

 

それだけインフルエンザの感染力が強いことを、国が認めているんですね。

 

子どもは特にうつされやすいので、この期間は子どもを休ませるようにしてください。

 

 

2.会社員はインフルエンザで休みを貰える?

 

インフルエンザ 休み

 

学校は法律で定められている通り、インフルエンザにかかった児童・生徒に関しては休ませなければいけません。

 

日数についても明記されているので、こちらはとても分かりやすいでしょう。

 

問題は会社員の場合は、どのような規定になっているのかという点ですよね。

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザは五類感染症に分類されているので、出勤停止などの法律はありません。

 

ですから法律上は、就業制限がかかる感染症にインフルエンザは分離されていません。

 

そのため会社はインフルエンザにかかったからといって、強制的に休ませる必要は法律の観点からするとないんですね。

 

ですがほとんどの会社は、インフルエンザと分かればその者を出勤停止にさせるでしょうし、期間についても会社によって規定されています。

 

インフルエンザにかかったら会社により対応は異なるため、就業規則を確認したり上司に相談するなどして、会社の方針を理解しておくようにしてください。

 

学校のように法律で一律に決まっている訳ではない点が、少しややこしくさせています。

 

では公務員の場合は、どうなっているのでしょうか?

 

公務員の「特別休暇」には、感染症で入院や交通制限をうけた場合に受けることができるとされています。

 

ただしインフルエンザは感染症であっても、交通制限などの規定にあてはまるのかは疑問が残ります。

 

ですので、上司の指示を仰ぐべきでしょう。

 

 

3.インフルエンザで休みを貰う際の注意点

 

インフルエンザ 休み

 

インフルエンザで休みが貰えるのかについては、その者の立ち位置により大きく異なることが分かりました。

 

ではインフルエンザで休みを貰えた場合、どのような点に注意を払うべきなのでしょうか?

 

まず大切なのが、「診断書」を必ず医師から受け取るという点です。

 

学校でも会社でも、インフルエンザを発症しているという「証拠」を提出しなければいけません。

 

「わたし、インフルエンザにかかりました」

 

このように口で伝えたとしても、その証拠を提出しない限りは認められないのです。

 

また会社などでは、ほとんどの場合で有給休暇を休みに充てていますが、それをする義務は会社にありません。

 

あなたが勤務している会社が、どういった形をとっているのかを事前に確認しておくようにしてください。

 

そうするならトラブルを回避できますし、無理に出勤して他の人を感染させるのを防げます。

 

むし不安なら医師に相談をし、どの程度会社を休んだらよいのか目安を聞いておくと良いでしょう。

 

一般的な観点から見ると、学校と同じように解熱後2日間ほどは休むべきですが、症状の重さによってこの値は変わります

 

軽度なのか重度なのかは医師により判断されますので、症状の程度に応じた日数を会社側に伝えてください。

 

 

まとめ

 

インフルエンザ 休み

 

ここでは、インフルエンザの休みに関しての基本情報を理解しつつ、注意点について紹介していきました。

 

学校、会社員などあなたの立ち位置によって、インフルエンザによる休みは大きく変わっていきます

 

学校は法律で規定されているため、どこでも同じ措置ですが会社は、その会社の規定により変わります。

 

そのため会社員の場合はまずは上司に聞いてみるなどして、どういった方針なのかを理解しておくと良いでしょう。

 

また学校にしろ会社員にしろ、「診断書」は絶対に必要となるので予め用意しておいてください。

スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


インフルエンザ 休み
【最新】インフルエンザの予防接種を受ける効果や費用まとめ



インフルエンザ 休み
【インフルエンザ】風邪との症状の見分け方と発症原因まとめ



インフルエンザ 休み
インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?潜伏期間中の注意点とは?



インフルエンザ 休み
死を招く可能性も!インフルエンザ脳症が起こる原因と予防法



インフルエンザ 休み
予防効果はあるの?インフルエンザのワクチン接種が重要な理由



インフルエンザ 休み
薬で予防が可能?インフルエンザが治療薬で予防できる理由と注意点



インフルエンザ 休み
【インフルエンザ】予防接種や治療薬で起こる副作用の症状と注意点



インフルエンザ 休み
風邪とインフルエンザの症状の違いを簡単に見分ける方法



インフルエンザ 休み
インフルエンザウイルスが空気感染する理由と対処法まとめ



インフルエンザ 休み
その解熱剤…危険かも?インフルエンザに解熱剤が危険な理由とは?



インフルエンザ 休み
インフルエンザの感染期間中に相手へうつさない方法と注意点とは?



インフルエンザ 休み
インフルエンザに効果的なマスクの選び方と正しい着用方法



インフルエンザ 休み
インフルエンザでもお風呂に入れるの?お風呂に入れる時期と注意点



インフルエンザ 休み
インフルエンザが完治するまでにかかる期間を短くする方法



インフルエンザ 休み
免疫力で感染するか決まる?インフルエンザの感染を予防する方法



インフルエンザ 休み
湿度を上げると感染しない?インフルエンザと湿度の関係とは?