インフルエンザでもお風呂に入れるの?お風呂に入れる時期と注意点

インフルエンザ 風呂

 

インフルエンザに感染したならば、数日間は高熱でうなされるので起き上がる元気もありません。

 

健康なときは毎日お風呂に入っているので、1日でもお風呂を抜かすと不快な気持ちになる人は多いでしょう。

 

しかしインフルエンザのときにお風呂に入って良いものなのか、判断するのは難しいですよね。

 

そこでこの記事では、インフルエンザのときにお風呂は入って良いのかどうかを把握しつつ、お風呂に入る際の注意点を紹介していきます。

 

 

1.インフルエンザのときにお風呂は入っていいの?

 

インフルエンザ 風呂

 

インフルエンザを発症し高熱でうなされているとき、お風呂に入ることが体にとって問題ないのか疑問に感じますよね。

 

実はインフルエンザだからお風呂に入っちゃダメという事ではなく、むしろ免疫を高めるためにお風呂に入って体温を上げることは良いとされています。

 

しかし、一般的な風邪ならまだしも、インフルエンザでは状況は大きく異なっているでしょう。

 

スポンサーリンク

 

というのもインフルエンザウイルスは毒性がとても強く、かなりの体力を必要とし、高熱も数日間続きます

 

体にとって相当な負担になるインフルエンザとの闘いですが、ここでお風呂に入ると余計な体力を使ってしまい体に負担がよりかかることに…。

 

ウイルスと闘う体力をお風呂で消耗しては、治りが悪くなるばかりか別の病気にかかる恐れもあります。

 

こうしたことから、インフルエンザで高熱が出ているときは、お風呂に入るべきでないとされているのです。

 

 

2.インフルエンザでもお風呂に入れる目安は?

 

インフルエンザ 風呂

 

インフルエンザのときにお風呂に入ると、体力を余計に消耗し治りが悪くなるため、入るべきでないと分かりました。

 

ではいつになったら、お風呂に入れるようになるのでしょうか?

 

明確に「〇日から大丈夫」という規定はありませんので、ご自分の体調と相談しながら決めることになります。

 

それでも目安は、「熱が引いてから2日後」となっています。

 

スポンサーリンク

 

熱が引いているのは、体がウイルスとの闘いにひと段落を付けたことを証しているので、この時にお風呂に入るようにしてください。

 

ただし熱が引いても、寒気を覚えたり身体のダルさを感じたり、食欲がないときは入浴を控えたほうが良いでしょう。

 

微熱があるぐらいで、体に不調がなければお風呂に入っても良いとする場合もあります。

 

ここで分かる通りインフルエンザを発症したら、2〜3日間はお風呂に入れません

 

汗を拭くついでに体をふくだけでも、サッパリした気持ちにはなれますよ。

 

 

3.インフルエンザはお風呂で感染するの?

 

インフルエンザ 風呂

 

家族と同居していると、お風呂を共用しているためインフルエンザを家族にうつしてしまうのではと心配になりますよね。

 

ウイルスに感染した人の浸かった湯船に、違う人が入るのを考えると、何だかマズいようにも感じられます。

 

結論から言うと、お風呂に入ったことで相手にうつる可能性は非常に低いです。

 

というのも、インフルエンザウイルスは低温・乾燥の環境をより好み、その反対の環境ではほとんど活動しなくなります。

 

お風呂は湯船からの湯気により室温も湿度も高い状態なので、インフルエンザにとっては最悪の場所。

 

唯一気を付けたいのは、お風呂に入るときに触るドアノブですね。

 

感染者の手には意外とウイルスが付着しているものですから、お風呂に入る前に石鹸で手をしっかり洗ってから入るようにしましょう。

 

 

4.インフルエンザで入るお風呂の注意点は?

 

インフルエンザ 風呂

 

インフルエンザになった状態でお風呂に入る訳ですから、健康なときとは体力面が大きく異なります。

 

気を付けるべき点がいくつかあるので、以下でまとめて紹介しますね。

 

 

@ 長湯せず短時間であがる

 

インフルエンザ 風呂

 

体力面がかなり消耗しているときにお風呂に入る訳ですから、普段通りに入ることはできません。

 

もしいつも10分お風呂に入っているなら、3分程度で切り上げるなど、短時間入浴を心掛けてください。

 

長湯すると体力を消耗するので、ウイルスとの闘いでヘロヘロな体にとっては大きな負担になりかねません。

 

そのため、インフルエンザのお風呂は「体をキレイにする」という点に重きを置き、リラックスという要素は省きましょう。

 

 

A 脱衣所と自室を暖めておく

 

インフルエンザ 風呂

 

昔は風邪を引くと、「お風呂に入ると風邪が悪化するからダメ」と言われました。

 

今ではほとんど見かけなくなりましたが、昔はお風呂が家の外にあったので外に出てお風呂場に行く必要があったのです。

 

冬であれば道中とても冷えるので、風邪が悪化するため風邪のお風呂は厳禁でした。

 

しかし時代が変わり家の中にお風呂が備わっているのが標準となったので、お風呂に入るまでに体が冷え切るという環境ではなくなったのです。

 

それでも脱衣場は家の中でも寒い場所のひとつですから、ここで体が冷え切って体調不良が悪化する恐れがあります。

 

ですから脱衣場と、安静にする部屋は暖めておくのが望ましいでしょう。

 

 

B お風呂上りはドライヤーで髪の毛をすぐ乾かす

 

インフルエンザ 風呂

 

お風呂上りは体を冷やさないために、すぐにドライヤーで髪の毛を乾かしましょう。

 

実は髪の毛が濡れていると、熱が奪われてしまいすぐに体が冷えてしまうのです。

 

自然乾燥させる人でも、髪の毛が短くすぐに乾く人でも、少しでも体を冷やさないためにもドライヤーを使いましょう。

 

ドライヤーで髪の毛を乾かしたら、水分補給をしてすぐに布団に入って安静にします。

 

 

まとめ

 

インフルエンザ 風呂

 

ここでは、インフルエンザのときにお風呂は入って良いのかどうかを把握しつつ、お風呂に入る際の注意点について紹介していきました。

 

お風呂に入れるのは、「熱が引いてから2日後」がひとつの目安となるので、この頃からお風呂に入る計画を立てると良いでしょう。

 

まだ体が弱っているので、短時間入浴を心掛け、体をキレイにすることを目的にしてすぐに上がってください。

 

その後はドライヤーで髪の毛を乾かし水分補給をして、すぐに布団で安静にします。

 

体を冷やすと体調不良になる恐れがあるので、十分に注意してくださいね。

スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


インフルエンザ 風呂
【最新】インフルエンザの予防接種を受ける効果や費用まとめ



インフルエンザ 風呂
【インフルエンザ】風邪との症状の見分け方と発症原因まとめ



インフルエンザ 風呂
インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?潜伏期間中の注意点とは?



インフルエンザ 風呂
死を招く可能性も!インフルエンザ脳症が起こる原因と予防法



インフルエンザ 風呂
予防効果はあるの?インフルエンザのワクチン接種が重要な理由



インフルエンザ 風呂
薬で予防が可能?インフルエンザが治療薬で予防できる理由と注意点



インフルエンザ 風呂
【インフルエンザ】予防接種や治療薬で起こる副作用の症状と注意点



インフルエンザ 風呂
風邪とインフルエンザの症状の違いを簡単に見分ける方法



インフルエンザ 風呂
インフルエンザウイルスが空気感染する理由と対処法まとめ



インフルエンザ 風呂
その解熱剤…危険かも?インフルエンザに解熱剤が危険な理由とは?



インフルエンザ 風呂
インフルエンザの感染期間中に相手へうつさない方法と注意点とは?



インフルエンザ 風呂
インフルエンザに効果的なマスクの選び方と正しい着用方法



インフルエンザ 風呂
インフルエンザでもお風呂に入れるの?お風呂に入れる時期と注意点



インフルエンザ 風呂
インフルエンザが完治するまでにかかる期間を短くする方法



インフルエンザ 風呂
免疫力で感染するか決まる?インフルエンザの感染を予防する方法



インフルエンザ 風呂
湿度を上げると感染しない?インフルエンザと湿度の関係とは?