インフルエンザに効果的なマスクの選び方と正しい着用方法

インフルエンザ マスク

 

インフルエンザに罹ると会社や学校を休まなければいけないので、自分だけではなく周りにも迷惑をかけてしまいます。

 

感染が流行するのは主に冬で、就職活動や受験が控えている人にとっては、今後の人生をも左右する可能性があるので非常に厄介です。

 

そんなインフルエンザですが、感染しないためにマスクの着用が厚生労働省からも推奨されています。

 

しかし正しく着用しなければ、十分な効果を発揮できないものも事実。

 

そこでこの記事では、インフルエンザにマスクが効果的と言われる理由と、正しい着用方法について紹介します。

 

 

1.インフルエンザにマスクが効果的な理由とは?

 

インフルエンザ マスク

 

インフルエンザにマスクがどういった効果を持つのか、本当に効果があるのか、疑問に感じる人も少なくありません。

 

ウイルスはマスクの繊維よりも小さいので、間から通り抜けてしまうのではないかとの心配をしています。

 

スポンサーリンク

 

いくらマスクとはいえ、小さなウイルス全てを完全に遮断することは大変難しいのが現状です。

 

だからといって、インフルエンザにマスクが効果的ではないと考えるのは早計と言えるでしょう。

 

インフルエンザにマスクが効果的だと、国から推奨されているのは、主に以下に挙げる理由があります。

 

 

@ 鼻や喉の粘膜を乾燥から守る

 

インフルエンザ マスク

 

インフルエンザウイルスは、低温・乾燥の環境下で活動が活発になります。

 

そのため流行は寒くて乾燥する時期に始まり、温かくなる頃に沈静化するんですね。

 

マスクを非着用で外を歩くと、乾燥した空気が鼻や喉の内部を乾燥させ、粘膜にウイルスが付着しやすい状態になります。

 

スポンサーリンク

 

マスクをすれば自分の呼気がマスクに当たるので、内部で湿り気のある呼気が充満するため、湿度が高くなるのです。

 

乾燥状態が防げるため、鼻や喉の粘膜にウイルスを付着させにくい環境が作れます。

 

粘膜が乾燥すると免疫力にも影響を及ぼし、インフルエンザに発症すると重症化する恐れもあるので、ここを防ぐためにもマスクの着用は非常に重要です。

 

 

A 接触感染を予防できる

 

インフルエンザ マスク

 

インフルエンザに感染している人にとっても、マスクの着用はとても大切と言えます。

 

その理由とは、体内に潜伏しているインフルエンザウイルスを、くしゃみや咳などの飛沫を飛散させなくするからです。

 

ウイルスは飛沫の中に非常に多くいますので、マスクを着用していないと空気中に飛び散ってしまい、そこから相手へ感染します。

 

マスクを着用していると、マスクにより飛沫を空気中へ飛散させるのを防ぎます。

 

マスクに付着するので、飛沫に接触することによる感染の防止に役立てられるので、マスクの着用はインフルエンザに効果的だとされているのです。

 

 

2.インフルエンザに効果的!正しいマスクの着用方法とは?

 

インフルエンザ マスク

 

マスクがインフルエンザに効果的だと前章で分かりましたが、それには1つ条件があります。

 

その条件とは、「正しくマスクを着用できている」ことです。

 

マスクを正しく着用できてないと、感染を防いだり、感染拡大防止に十分な効果を発揮してくれません。

 

インフルエンザに有効なマスクの種類と併せて、正しいマスクの着用方法を紹介していきますね。

 

 

@ 不織布マスクを使用する

 

インフルエンザ マスク

 

ドラッグストアなどには、様々な種類のマスクが販売されていますよね。

 

目的に応じて着用するマスクを変えるべきですが、インフルエンザに効果があると言われるのが「不織布マスク」です。

 

このマスクは繊維に科学的な処置をしてから接着し、薄っぺらなシート状にしたもの。

 

ガーゼマスクに比べると網目が小さくて、インフルエンザの感染原因となる飛沫もしっかりとキャッチしてくれます。

 

一般的なガーゼマスクには劣りますが、保湿効果もあるので、インフルエンザ対策にはもってこいのマスクです。

 

 

A 自分に合うサイズのマスクを着用する

 

インフルエンザ マスク

 

マスクの正しい着用方法として、まず最初に知ってもらいたいのが「マスクのサイズ」です。

 

自分に合う最適なサイズを選ばないと、マスクの効果をあまり実感することができないでしょう。

 

ではどうすれば、自分に合うサイズを選べるのでしょうか。

 

まず利き手をLの字にし、親指を耳のてっぺん(マスクの紐をかけるところ)に合わせ、人差し指を鼻の頭から1cm上に当ててください。

 

そのまま利き手を離し、親指と人差し指の間を定規で測ります。

 

この長さに応じてマスクのサイズを選ぶと、最適な大きさで自分にピッタリなマスクを着用できるでしょう。

 

 

B マスクを外すときはフィルター部分を触らない

 

インフルエンザ マスク

 

食事をするときや、少し蒸れて息苦しいときにマスクを少しずらしますよね。

 

このとき、呼気が当たるフィルター部分に手を触れないように、十分注意しながら外してください。

 

こうすると手にインフルエンザウイルスが付着し、そこから他人へ感染させてしまう恐れがあるからです。

 

マスクを外す際は、フィルターに触れないように注意しながらすぐにゴミ箱へ捨ててください。

 

またマスクを着用する前に防菌スプレーを、フィルターにかけておくとより安全です。

 

同じマスクを2日以上つけていると、マスクの表面部分にウイルスが多く付着するので、1日に1枚程度に留めておきなるべく清潔なマスクを着用しましょう。

 

 

まとめ

 

インフルエンザ マスク

 

ここでは、インフルエンザにマスクが効果的と言われる理由と、正しい着用方法について紹介していきました。

 

インフルエンザの感染を防止、さらに感染拡大を阻止するためにも、マスクの着用はとても大切です。

 

しかし着用方法が間違えていると、満足のゆく効果を得られないので、正しいマスクの着用方法を知ることは非常に重要。

 

ここではいくつか取り上げましたので、しっかりと把握して自分に合うマスクを着用しましょう。

スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


インフルエンザ マスク
【最新】インフルエンザの予防接種を受ける効果や費用まとめ



インフルエンザ マスク
【インフルエンザ】風邪との症状の見分け方と発症原因まとめ



インフルエンザ マスク
インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?潜伏期間中の注意点とは?



インフルエンザ マスク
死を招く可能性も!インフルエンザ脳症が起こる原因と予防法



インフルエンザ マスク
予防効果はあるの?インフルエンザのワクチン接種が重要な理由



インフルエンザ マスク
薬で予防が可能?インフルエンザが治療薬で予防できる理由と注意点



インフルエンザ マスク
【インフルエンザ】予防接種や治療薬で起こる副作用の症状と注意点



インフルエンザ マスク
風邪とインフルエンザの症状の違いを簡単に見分ける方法



インフルエンザ マスク
インフルエンザウイルスが空気感染する理由と対処法まとめ



インフルエンザ マスク
その解熱剤…危険かも?インフルエンザに解熱剤が危険な理由とは?



インフルエンザ マスク
インフルエンザの感染期間中に相手へうつさない方法と注意点とは?



インフルエンザ マスク
インフルエンザに効果的なマスクの選び方と正しい着用方法



インフルエンザ マスク
インフルエンザでもお風呂に入れるの?お風呂に入れる時期と注意点



インフルエンザ マスク
インフルエンザが完治するまでにかかる期間を短くする方法



インフルエンザ マスク
免疫力で感染するか決まる?インフルエンザの感染を予防する方法



インフルエンザ マスク
湿度を上げると感染しない?インフルエンザと湿度の関係とは?