免疫力で感染するか決まる?インフルエンザの感染を予防する方法

インフルエンザ 免疫

 

インフルエンザウイルスが体内で増殖し、発症すると「インフルエンザに罹った」という状態になり数日間はツラい症状が続きます。

 

体内にウイルスが侵入したとき、ウイルスと闘いその数を減らしてくれるのが「免疫細胞」で、この機能の良し悪しを「免疫力」なんて呼び方をしているのです。

 

インフルエンザに発症することに対しても、発症してから完治までの日数についても、すべては免疫力によって左右されます。

 

そこでこの記事では、インフルエンザと免疫の関係を理解しつつ、免疫力を上げて感染を予防する方法について紹介していきます。

 

 

1.インフルエンザの免疫はどんな仕組みになっているの?

 

インフルエンザ 免疫

 

たとえば、「はしか」を例に考えてみると、はしかに一度感染したら二度と罹らないと言われますよね。

 

これは体内で強い免疫ができ、はしかのウイルスも1種類しかないので、人生で2度はしかに罹ることはないのです。

 

ここで思い出したいのが、インフルエンザは毎年流行が訪れ、人生で何度も発症する人が多いという点。

 

スポンサーリンク

 

どうして、はしかとインフルエンザでは、発症する回数にここまでの差が出ているのでしょうか?

 

実はインフルエンザに作用する免疫の仕組みに、答えが隠されています。

 

インフルエンザウイルスは大まかに分けると3種類(A,B、C型)存在し、その中でもA型は140種類以上の組合せで変異をするため毎年のようにタイプが変わってくるのです。

 

インフルエンザに罹ると、体はそのウイルスに対する免疫を作りますが、インフルエンザの場合は免疫が長く持続されず、半年から1年で消えてしまいます。

 

インフルエンザの種類が多いこと、インフルエンザの免疫の持続期間が短いこと。

 

この2つの要素により、インフルエンザの免疫が出来るのにも関わらず、毎年のように流行してしまい、人生で何度もインフルエンザに罹ってしまうのです。

 

 

2.免疫力を高めるとインフルエンザを発症しない?

 

インフルエンザ 免疫

 

人間には素晴らしい免疫機能が備わっていますが、インフルエンザに関して、この機能は万全ではないと分かりました。

 

ですが免疫が無いウイルスに対しても、白血球の中にある「免疫細胞」はウイルスと対決してくれます。

 

この免疫細胞が活性化し、ウイルスを効率よく撃退してくれれば、発症はしません。

 

ですから免疫力を高めることは、インフルエンザを発症しにくくさせるのに有効であると言えます。

 

スポンサーリンク

 

ここで、「発症しにくくさせる」と表現している点に注目してください。

 

免疫力を高めたとしても限界があるので、インフルエンザウイルスの増殖のスピードに追い付けない可能性は十分にあります。

 

そのため100%インフルエンザを発症しないという訳ではありません。

 

それでも免疫力を高めておけば、インフルエンザを発症したとしても、症状を軽くしたり完治までの日数を短縮できます。

 

また免疫力を高めておけば、インフルエンザに関わらず他のウイルスや細菌からも守ってくれるので、風邪を引かない健康な体を作ることができるでしょう。

 

 

3.免疫力を高めてインフルエンザに感染しない方法とは?

 

インフルエンザ 免疫

 

インフルエンザに罹ると数日間はツラい症状に悩まされるので、できれば二度と罹りたくはありませんよね。

 

それには免疫細胞を活性化させる(免疫力を高める)ことが、予防に大きな役割を担います。

 

ではどんな点に気を付ければ、免疫力を高めることができるのでしょうか?

 

 

@ 適度な運動をして筋肉を付ける

 

インフルエンザ 免疫

 

免疫細胞の活動量は、体温に大きく左右されます。

 

体温が1度下がると免疫力は30%も低下すると言われており、ここから平熱を高く保つことが大切だと理解できるでしょう。

 

ちなみに風邪を引くと体温が上昇しますが、これは免疫細胞が活性化するために体があえて体温を上昇させています。

 

さて、平熱を高く保つには血流を良くし代謝を活発にさせなければいけません。

 

それには適度な運動をして、筋肉を付ける必要があります。

 

マッチョにする必要はありませんが、全体的に適度な筋肉を付けると血の巡りが改善されるので、平熱が上がりやすくなるでしょう。

 

 

A 入浴をしてリラックスする

 

インフルエンザ 免疫

 

日頃のストレスや疲れが溜まると体温が低下すると言われており、それを改善するのに役立つのが「入浴」です。

 

忙しいとシャワーなどで済ませてしまいがちですが、しっかりと湯船に浸かるだけで体が温まりますし、何よりもストレス解消になります。

 

リラックスする時間を作るだけで体温は上昇しますから、免疫力も高まりインフルエンザウイルスを効率よく撃退してくれますよ。

 

 

B 生活習慣を見直す

 

インフルエンザ 免疫

 

何かと忙しい現代に生活していると、生活習慣は大きく乱れてしまいます。

 

不規則な時間に食事をしたり、睡眠の質が悪くなるとこれだけで平熱が下がってしまい、風邪を引きやすい体質になるのです。

 

ですから生活習慣を見直すことは、免疫力を高める上で非常に重要。

 

バランスのとれた食事をし、寝る時間を固定にして生活にリズムを持たせてください。

 

 

まとめ

 

インフルエンザ 免疫

 

ここでは、インフルエンザと免疫の関係を理解しつつ、免疫力を上げる方法について紹介していきました。

 

インフルエンザに罹ると体内で抗体が作られますが、半年から1年しか持たず次シーズン頃には消えてしまいます。

 

またインフルエンザウイルスの種類が多いこともあって、毎年のように流行し、一生に複数回インフルエンザを発症させてしまうのです。

 

そのためインフルエンザの発症を抑え、症状を軽くする役割を持つ「免疫力」を高めることが大切。

 

ストレスを減らし、規則正しい生活を送り、適度な運動をして平熱を上げるように工夫しましょう。

スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


インフルエンザ 免疫
【最新】インフルエンザの予防接種を受ける効果や費用まとめ



インフルエンザ 免疫
【インフルエンザ】風邪との症状の見分け方と発症原因まとめ



インフルエンザ 免疫
インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?潜伏期間中の注意点とは?



インフルエンザ 免疫
死を招く可能性も!インフルエンザ脳症が起こる原因と予防法



インフルエンザ 免疫
予防効果はあるの?インフルエンザのワクチン接種が重要な理由



インフルエンザ 免疫
薬で予防が可能?インフルエンザが治療薬で予防できる理由と注意点



インフルエンザ 免疫
【インフルエンザ】予防接種や治療薬で起こる副作用の症状と注意点



インフルエンザ 免疫
風邪とインフルエンザの症状の違いを簡単に見分ける方法



インフルエンザ 免疫
インフルエンザウイルスが空気感染する理由と対処法まとめ



インフルエンザ 免疫
その解熱剤…危険かも?インフルエンザに解熱剤が危険な理由とは?



インフルエンザ 免疫
インフルエンザの感染期間中に相手へうつさない方法と注意点とは?



インフルエンザ 免疫
インフルエンザに効果的なマスクの選び方と正しい着用方法



インフルエンザ 免疫
インフルエンザでもお風呂に入れるの?お風呂に入れる時期と注意点



インフルエンザ 免疫
インフルエンザが完治するまでにかかる期間を短くする方法



インフルエンザ 免疫
免疫力で感染するか決まる?インフルエンザの感染を予防する方法



インフルエンザ 免疫
湿度を上げると感染しない?インフルエンザと湿度の関係とは?