頭がズキズキ痛む…インフルエンザで頭痛が起こる原因と対処法

インフルエンザ 頭痛

 

インフルエンザを発症すると高熱や全身の倦怠感・筋肉痛といった初期症状が現れ、ツライ数日間を過ごすことになります。

 

そのためできればインフルエンザに罹りたくはありませんが、知らない間に感染してしまうのが厄介なところ。

 

そんなインフルエンザですが、症状の一つに「頭痛」があることをご存知ですか?

 

軽い痛みから頭が割れるほどの激痛まで、個人差が大きいとも言われています。

 

そこでこの記事では、インフルエンザで頭痛が起こる原因と対処法について、紹介していきます。

 

 

1.インフルエンザで頭痛が起こる原因とは?

 

インフルエンザ 頭痛

 

インフルエンザと風邪は症状が似通っていますが、筋肉痛や程度が異なる頭痛は、他ではあまり見られない症状です。

 

ではどうしてインフルエンザで、頭痛が発生してしまうのでしょうか?

 

インフルエンザウイルスが体内に侵入した際、「プロスタグランジン」と呼ばれる物質が分泌されます。

 

スポンサーリンク

 

このプロスタグランジンは、サイトカインの過剰分泌を抑える働きがあり、血管を拡張させ血流を良くし、体温を上昇させてウイルスの増殖を防ぐのです。

 

良い働きを示すプロスタグランジンですが、血管を拡張させることにより、脳の神経を圧迫するため頭痛が起こります。

 

また筋肉にも炎症を発生させるため、筋肉痛が起こるのです。

 

どの程度プロスタグランジンが分泌されたかにより、血管の拡張具合は異なるので、頭痛の程度も様々なんですね。

 

 

2.インフルエンザの頭痛はいつまで続くの?

 

インフルエンザ 頭痛

 

インフルエンザの頭痛がいつまで続くのか、心配になる人も多いでしょう。

 

インフルエンザウイルスが体内で増殖し、サイトカインと呼ばれる物質が脳に届けられると、プロスタグランジンの分泌が促されます。

 

そしてウイルスと闘う過程で発熱が生じるのですが、頭痛はこの発熱と同時に発生します。

 

スポンサーリンク

 

体内の免疫細胞がウイルスの増殖を抑え、ある程度死滅させると体温は少しずつ正常の値へと戻っていくでしょう。

 

であるならば頭痛も、熱が引いたときに治っても良さそうですが、インフルエンザの頭痛は長引く傾向があるのです。

 

というのも、インフルエンザウイルスの病原性(毒性)は非常に強く、体内にしぶとくウイルスが潜伏しています。

 

ウイルスが体内に残っている間は、重度ではないにしてもズキズキとする頭痛が続きます。

 

 

3.インフルエンザが治っても頭痛だけが残る原因

 

インフルエンザ 頭痛

 

インフルエンザの症状が治まり、体調も回復したのに頭痛がだけが残る場合は、何が関係しているのでしょうか?

 

もし熱が引いても頭痛が数日間残ったときは、体内にまだウイルスが潜伏している可能性があるので、特に心配する必要はありません。

 

しかし熱が引いて一週間以上が経過しているのに、頭痛だけが残っているときは、別の病気が頭痛を引き起こしている可能性が考えられます。

 

隠れている疾患がインフルエンザをキッカケに慢性化したり、あるいは重症化しているケースもあり得るでしょう。

 

もし一週間以上も頭痛だけが続き、1日中痛みを覚えるようでしたら、早めに病院を受診して診察してもらってください。

 

 

4.インフルエンザで起こる頭痛の対処法とは?

 

インフルエンザ 頭痛

 

インフルエンザで発生する頭痛は、寝ることも妨げられるほど不快な痛みになる場合が多く、どうにかしたいものです。

 

ツラい頭痛を緩和できる対処法としては、以下に挙げるものが有力とされているので参考にしてみてください。

 

 

@ 痛む部分を冷やす

 

インフルエンザ 頭痛

 

インフルエンザによる頭痛は、血管が拡張され周囲の神経が圧迫されることにより起こります。

 

ですから拡張されている血管を収縮してあげれば、一時的ではありますが痛みを和らげることができるでしょう。

 

それには、痛む部分を冷やします。

 

保冷剤などをタオルに巻き、痛む部分に当ててください。

 

ただし冷やしすぎると逆効果となるので、冷やす場合は長時間の使用は控えるようにしましょう。

 

 

A インフルエンザ治療薬を服用する

 

インフルエンザ 頭痛

 

インフルエンザウイルスが体内で増殖し、体の免疫細胞がウイルスと闘う過程で高熱や頭痛が発生します。

 

であるならば、ウイルスの増殖を抑えることができれば、頭痛も自然と治まってくるでしょう

 

病院でインフルエンザと診断された際、抗インフルエンザ薬が処方される場合が多いです。

 

タミフルやリレンザなどに代表されるこれらの薬を服用すると、ウイルスの増殖が抑えられ症状が早く治ると期待されます。

 

そのため頭痛を対処する方法として、インフルエンザ治療薬の服用が勧められているのです。

 

しかしこれらの薬は医師の診断により処方されるもので、体調面や薬の飲み合わせなどによっては服用するのが危険と判断し処方されないこともあるでしょう。

 

 

B 医師から処方された解熱鎮痛剤を服用する

 

インフルエンザ 頭痛

 

インフルエンザによる頭痛があまりにもツラい場合は、解熱鎮痛剤を服用することで和らげられます。

 

しかしインフルエンザの際に解熱剤を服用することは、肝臓の機能不全やインフルエンザ脳症などの合併症を引き起こす恐れがあるので要注意。

 

決して個人の判断で市販の解熱鎮痛剤(バファリンなど)を、服用してはりません。

 

必ず医師に相談をした上で処方される解熱鎮痛剤を、用量・用法を守って正しく服用しましょう

 

 

まとめ

 

インフルエンザ 頭痛

 

ここでは、インフルエンザで頭痛が起こる原因と対処法について紹介していきました。

 

インフルエンザウイルスに体内の免疫細胞が闘うために、血管が拡張され頭痛が起こります。

 

ウイルスが体内に残っている間は、頭痛が起こりやすいので長引く傾向も見られるのです。

 

頭痛が激しい場合は、痛む箇所を冷やしたり、インフルエンザ治療薬や解熱鎮痛剤を服用するなどして対処しましょう。

スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


インフルエンザ 頭痛
【最新】インフルエンザの予防接種を受ける効果や費用まとめ



インフルエンザ 頭痛
【インフルエンザ】風邪との症状の見分け方と発症原因まとめ



インフルエンザ 頭痛
インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?潜伏期間中の注意点とは?



インフルエンザ 頭痛
死を招く可能性も!インフルエンザ脳症が起こる原因と予防法



インフルエンザ 頭痛
予防効果はあるの?インフルエンザのワクチン接種が重要な理由



インフルエンザ 頭痛
薬で予防が可能?インフルエンザが治療薬で予防できる理由と注意点



インフルエンザ 頭痛
【インフルエンザ】予防接種や治療薬で起こる副作用の症状と注意点



インフルエンザ 頭痛
風邪とインフルエンザの症状の違いを簡単に見分ける方法



インフルエンザ 頭痛
インフルエンザウイルスが空気感染する理由と対処法まとめ



インフルエンザ 頭痛
その解熱剤…危険かも?インフルエンザに解熱剤が危険な理由とは?



インフルエンザ 頭痛
インフルエンザの感染期間中に相手へうつさない方法と注意点とは?



インフルエンザ 頭痛
インフルエンザに効果的なマスクの選び方と正しい着用方法



インフルエンザ 頭痛
インフルエンザでもお風呂に入れるの?お風呂に入れる時期と注意点



インフルエンザ 頭痛
インフルエンザが完治するまでにかかる期間を短くする方法



インフルエンザ 頭痛
免疫力で感染するか決まる?インフルエンザの感染を予防する方法



インフルエンザ 頭痛
湿度を上げると感染しない?インフルエンザと湿度の関係とは?