インフルエンザの治りかけに鼻水が出る理由と対処法まとめ

インフルエンザ 鼻水

 

インフルエンザを発症したものの、何とか高熱や筋肉痛が落ち着いてきたところで、咳や鼻水という症状が出てきます。

 

一般的な風邪なら最初に出てくる症状が、インフルエンザでは治りかけに現れるので、「ぶり返した?!」と不安に感じてしまいますよね。

 

この鼻水が原因で、相手にインフルエンザをうつしてしまうのではないかと、心配する人も少なくありません。

 

そこでこの記事では、インフルエンザで鼻水が出る理由と、感染の有無や対処法について紹介していきます。

 

 

1.インフルエンザで鼻水が出る理由とは?

 

インフルエンザ 鼻水

 

インフルエンザの初期症状は、38度を超える高熱や頭痛、全身の倦怠感や関節痛といったものが代表的です。

 

ここから分かるように、初期症状に「鼻水」は含まれていません

 

というのもインフルエンザで鼻水が出るのは、これら初期症状が落ち着いてきてから、発症して5日後ぐらいからです。

 

スポンサーリンク

 

どうしてインフルエンザになると、鼻水が発症してから数日後に見られるのでしょうか?

 

鼻や喉の粘膜にウイルスや細菌といった病原体が付着していると、体外へ排出しようと大量の鼻水が分泌されます。

 

インフルエンザの場合、体内に潜伏しているインフルエンザウイルスを、どうにかして体外へ出すために鼻水が出てくるのです。

 

免疫機能が体内のウイルスをある程度除去し、高熱や倦怠感などが落ち着いてきた後半は、鼻水や咳を使い体外へウイルスを排出する働きが活性化されます。

 

そのためインフルエンザの後期の症状として、鼻水や咳が多くの人に見られるんですね。

 

 

2.インフルエンザで起こる鼻水は感染力を持っているの?

 

インフルエンザ 鼻水

 

インフルエンザ後期の症状として見られる鼻水は、感染力を持っているのか気になりますよね。

 

高熱などが落ち着いてきて、体調面もある程度回復してくれば、仕事や学校へ早く復帰したいと考えるもの。

 

しかし、インフルエンザウイルスはおよそ1週間ほどは体内に潜伏しているので、咳や鼻水が出ている時はまだウイルスがいることを意味しています。

 

スポンサーリンク

 

そのためマスクをせずに人と接し、くしゃみなどで鼻水が相手に飛んでしまうと、そこからウイルスが相手の粘膜に入り感染する危険性があるのです。

 

家族や身近な人であれば、より鼻水から感染するリスクは高まります

 

咳や鼻水が出ている場合はまだ安静にしているか、もし外に出るならば必ずマスクを装着し、手洗いやうがいの徹底をしましょう。

 

 

3.インフルエンザの鼻水が変色する原因は?

 

インフルエンザ 鼻水

 

インフルエンザによって現れた鼻水が、透明ではなくてドロドロの茶色や緑色をしていた場合、症状がさらに悪化している可能性があります。

 

もし鼻水が黄色や緑色でドロドロしているのであれば、免疫力が落ちている隙を突かれ、別の細菌が鼻の副鼻腔に入り込み炎症を起こしています。

 

白血球の死骸が鼻水に混じっており、腐敗臭がすることも…。

 

蓄膿症と呼ばれる症状であり、インフルエンザと併発するケースは多いので注意する必要があるでしょう。

 

 

4.インフルエンザで鼻水が出る場合の対処法

 

インフルエンザ 鼻水

 

インフルエンザ後期の鼻水がヒドくて、ティッシュが手放せない場合、どうにかして対処したいと思いますよね。

 

前章のようにインフルエンザから蓄膿症を併発した場合は、抗生物質を医師から処方されるので、そちらを服用することで落ち着いてきます。

 

それ以外の場合でしたら、以下に挙げる対処法を試してみてください。

 

 

@ 鼻を温めて血行を良くする

 

インフルエンザ 鼻水

 

鼻を温めて血行を良くすることで、鼻づまりや鼻水の一時的な解消が見込まれます。

 

蒸しタオルやカイロを使ってみても良いですし、温かい飲み物の湯気を鼻で吸うことでも効果が見込まれるでしょう。

 

これらの対処を行う場合には、火傷に注意をしてください。

 

 

A 生姜湯を飲む

 

インフルエンザ 鼻水

 

生姜を小さじ一杯分すりおろし、熱湯100ccの中に入れてよくかき混ぜれば、生姜湯が完成します。

 

生姜は体を温める効果があり、免疫力も高めてくれるのです。

 

インフルエンザの影響で鼻水が止まらないなら、毎日生姜湯を飲んでみてください。

 

自然と咳や鼻水の症状が軽くなり、気にならないほどにまで良くなるでしょう。

 

 

B 部屋にいるときもマスクを装着する

 

インフルエンザ 鼻水

 

インフルエンザが流行する時期は、ちょうど花粉が飛び始める時期でもあります。

 

花粉症の人がインフルエンザに罹ると、ちょうど2つの時期が重なった場合、鼻水が悪化してしまうのです。

 

そのため花粉をガードするのと同時に、ホコリなどが入らないようにするためにも、家にいるときからマスクを装着してください

 

そして部屋の湿度を50%程度に保っておくと、鼻や喉にとって快適になるので鼻水の症状が軽くなります。

 

 

まとめ

 

インフルエンザ 鼻水

 

ここでは、インフルエンザで鼻水が出る理由と、感染の有無や対処法について紹介していきました。

 

体内に潜伏しているインフルエンザウイルスを、体外へ排出するために鼻水が出るのですが、治りかけに現れる特徴があります

 

この鼻水にウイルスが存在しているので、家族や身近な人に対して感染させてしまう恐れがあるので要注意。

 

鼻水がヒドい場合は蓄膿症の可能性もあるので、一度病院へ行き診断をしてもらいましょう。

スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


インフルエンザ 鼻水
【最新】インフルエンザの予防接種を受ける効果や費用まとめ



インフルエンザ 鼻水
【インフルエンザ】風邪との症状の見分け方と発症原因まとめ



インフルエンザ 鼻水
インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?潜伏期間中の注意点とは?



インフルエンザ 鼻水
死を招く可能性も!インフルエンザ脳症が起こる原因と予防法



インフルエンザ 鼻水
予防効果はあるの?インフルエンザのワクチン接種が重要な理由



インフルエンザ 鼻水
薬で予防が可能?インフルエンザが治療薬で予防できる理由と注意点



インフルエンザ 鼻水
【インフルエンザ】予防接種や治療薬で起こる副作用の症状と注意点



インフルエンザ 鼻水
風邪とインフルエンザの症状の違いを簡単に見分ける方法



インフルエンザ 鼻水
インフルエンザウイルスが空気感染する理由と対処法まとめ



インフルエンザ 鼻水
その解熱剤…危険かも?インフルエンザに解熱剤が危険な理由とは?



インフルエンザ 鼻水
インフルエンザの感染期間中に相手へうつさない方法と注意点とは?



インフルエンザ 鼻水
インフルエンザに効果的なマスクの選び方と正しい着用方法



インフルエンザ 鼻水
インフルエンザでもお風呂に入れるの?お風呂に入れる時期と注意点



インフルエンザ 鼻水
インフルエンザが完治するまでにかかる期間を短くする方法



インフルエンザ 鼻水
免疫力で感染するか決まる?インフルエンザの感染を予防する方法



インフルエンザ 鼻水
湿度を上げると感染しない?インフルエンザと湿度の関係とは?