【インフルエンザ】予防接種や治療薬で起こる副作用の症状と注意点

インフルエンザ 副作用

 

インフルエンザウイルスは感染力が強く、毎年秋の終わりから春先にかけて流行し多くの人に影響を与えますよね。

 

周囲に迷惑をかけるので、インフルエンザに罹らないようにするために、予防接種を受ける人は少なくありません。

 

そんなインフルエンザの予防接種ですが、副作用が起こる可能性があることをご存知でしたか?

 

また、インフルエンザを治療する薬の服用に関しても、副作用は心配されています。

 

そこでこの記事では、インフルエンザの予防接種や治療薬がもたらす副作用と注意点について紹介していきます。

 

 

1.インフルエンザの予防接種で起こる副作用の症状とは?

 

インフルエンザ 副作用

 

インフルエンザの予防接種を受けることで体内に抗体が発生し、インフルエンザウイルスの増殖を抑えるため発症そのものを予防、あるいは症状を軽くできます。

 

例年多くの人が接種するインフルエンザの予防接種ですが、副作用の心配をしている人も多いでしょう。

 

実際にインフルエンザの予防接種をした後、なんらかの副作用が出る人は全体の10〜20%程度に及ぶと報告されています。

 

スポンサーリンク

 

この数字を見る限りですと、10人中1〜2人に副作用が出ていることになるので、決して珍しいことではありません。

 

インフルエンザの予防接種で起こる副作用として、特に多いのが注射をした箇所が赤く腫れたり、痛みを感じるというもの。

 

注射した箇所が赤く腫れるなどの反応は、体内で抗体が発生したというサインでもあるので一概に悪いとは言えません。

 

この腫れや赤みが、悪化するかそのまま沈静化するかを落ち着いて観察することが大切です。

 

次に多い症状として取り上げられるのが、「発熱」です。

 

程度は人それぞれで、微熱止まりという場合もあれば、38度を超える高熱に達することもあります。

 

また頻度は高くありませんが、頭痛や全身の倦怠感、発疹、寒気といった、まるでインフルエンザにかかったかのような副作用が生じる場合もあるのです。

 

 

2.インフルエンザ予防接種の副作用が起こる期間

 

インフルエンザ 副作用

 

インフルエンザの予防接種で起こる副作用は、注射箇所の腫れから発熱、頭痛など様々な症状によって現れることが分かりました。

 

では気になるのが、その副作用の反応がいつまで生じるのかという点ですよね。

 

副作用が起こるのは、接種してから数日の間とされており、1週間ほどで治まっていく場合がほとんどです

 

スポンサーリンク

 

予防接種をしてから4〜5日目に副作用はピークを迎え、1週間後に沈静化するという形を取ります。

 

ということは、予防接種をしてから5日が経過しても目立った症状が出なければ、副作用が無いと判断できるでしょう。

 

仮に症状が出ている場合でも1週間もすれば治まっていく可能性が高いので、特に慌てることはなく経過を観察するようにしてください。

 

それでも症状があまりにもヒドい場合は、医師に相談しその後の対応を検討します。

 

強いアレルギー反応(アナフィラキシーショック)については、予防接種してから30分以内に症状が現れます。

 

心配なら注射してから30分の間は、病院内で過ごすと安心できるでしょう。

 

 

3.インフルエンザ治療薬がもたらす副作用とは?

 

インフルエンザ 副作用

 

インフルエンザを発症した場合、ツラい症状が数日間続き幼児や高齢者など免疫力が弱い人は、重症化する恐れがあります。

 

そのためインフルエンザウイルスの増殖を抑え、症状を軽くしたり快復を早くするために抗インフルエンザ薬が処方される場合が多くなりました。

 

代表的な薬に、タミフルやリレンザ、イナビルなどがあります。

 

これらの薬はウイルスの増殖を抑えるという点では有力ですが、副作用という心配な面があるのが事実です。

 

どの薬にも共通するのが、「下痢や吐き気、嘔吐」などの消化器系の異常です。

 

それら身体的な副作用だけなら良いのですが、抗インフルエンザ薬には「突如の興奮や異常行動」という、神経系の異常も確認されています。

 

まだ具体的な原因は分かっていませんし、因果関係は不明です。

 

というのも、インフルエンザを発症すると12歳までの子供については異常行動を起こす可能性が指摘されているのです。

 

さらに抗インフルエンザ薬ではなく、解熱剤の投与でも異常行動が確認されています。

 

ですからタミフルやリレンザといった、抗インフルエンザ薬だけの問題ではないとの見方もありますが、これらの薬を12歳未満の子供が服用する場合は注意が必要です。

 

特に、「発症から2日間は子供が1人にならないよう配慮する」という点を、理解しておきましょう。

 

 

まとめ

 

インフルエンザ 副作用

 

インフルエンザの予防接種や治療薬がもたらす副作用と注意点について紹介していきました。

 

予防接種で使われるワクチンが、体内で抗体を作る際に注射箇所が赤く腫れたり、痛みを感じる場合があります。

 

また発熱や全身の倦怠感といった症状が出ることもありますが、通常は1週間程度で治りますし、悪化はほぼしません

 

注意したいのは抗インフルエンザ薬による副作用で、12歳未満の子供が服用すると異常行動を起こすという報告がありました。

 

そのため12歳未満の子供が抗インフルエンザ薬を服用する場合は、1人にさせないことが大切です。

スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


インフルエンザ 副作用
【最新】インフルエンザの予防接種を受ける効果や費用まとめ



インフルエンザ 副作用
【インフルエンザ】風邪との症状の見分け方と発症原因まとめ



インフルエンザ 副作用
インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?潜伏期間中の注意点とは?



インフルエンザ 副作用
死を招く可能性も!インフルエンザ脳症が起こる原因と予防法



インフルエンザ 副作用
予防効果はあるの?インフルエンザのワクチン接種が重要な理由



インフルエンザ 副作用
薬で予防が可能?インフルエンザが治療薬で予防できる理由と注意点



インフルエンザ 副作用
【インフルエンザ】予防接種や治療薬で起こる副作用の症状と注意点



インフルエンザ 副作用
風邪とインフルエンザの症状の違いを簡単に見分ける方法



インフルエンザ 副作用
インフルエンザウイルスが空気感染する理由と対処法まとめ



インフルエンザ 副作用
その解熱剤…危険かも?インフルエンザに解熱剤が危険な理由とは?



インフルエンザ 副作用
インフルエンザの感染期間中に相手へうつさない方法と注意点とは?



インフルエンザ 副作用
インフルエンザに効果的なマスクの選び方と正しい着用方法



インフルエンザ 副作用
インフルエンザでもお風呂に入れるの?お風呂に入れる時期と注意点



インフルエンザ 副作用
インフルエンザが完治するまでにかかる期間を短くする方法



インフルエンザ 副作用
免疫力で感染するか決まる?インフルエンザの感染を予防する方法



インフルエンザ 副作用
湿度を上げると感染しない?インフルエンザと湿度の関係とは?