妊娠初期のインフルエンザが赤ちゃんに与える影響と注意点まとめ

妊娠初期 インフルエンザ

 

妊娠、特に初めての妊娠となると不安や期待などで、毎日精神的な刺激を受けながら生活していますよね。

 

ちょっとでも体調に異変があると、「お腹の子供は大丈夫?」と心配してしまうもので、妊娠初期は気が休まりません。

 

そんな妊娠初期に気を付けたいのが、毎年冬になると流行するインフルエンザですよね。

 

妊娠していると免疫力が落ち、通常に比べて発症しやすくなると言われているので、注意が必要です。

 

そこでこの記事では、妊娠初期にインフルエンザにかかったときの対処法と、ワクチンを接種しても良いのかについて紹介していきます。

 

 

1.妊娠初期のインフルエンザが赤ちゃんに与える影響

 

妊娠初期 インフルエンザ

 

妊娠初期にインフルエンザを発症したら、真っ先に考えるのが「赤ちゃんは大丈夫?」という不安や心配でしょう。

 

まだ安定期に入っておらず、食べ物や薬に気を使わなければいけない時期ですから、インフルエンザウイルスが体内に侵入し増殖しているということを考えるとたまらなく不安になりますよね

 

では実際にインフルエンザウイルスは、赤ちゃんに何かしらの悪影響を与えるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

様々な調査や研究によると、インフルエンザウイルスが胎盤を通り成長している赤ちゃんに対して、悪影響を与える可能性はほとんどありません。

 

ですがごく稀に、胎盤を通り赤ちゃんに影響を与えるケースもあるようですが、例外中の例外とされています。

 

ですからほとんどの場合、妊娠初期にインフルエンザを発症しても、ウイルスが赤ちゃんに影響を与えるとは考えなくて大丈夫です。

 

 

2.妊娠初期のインフルエンザの注意点とは?

 

妊娠初期 インフルエンザ

 

赤ちゃんに影響がほとんど無いからといって、安心してはいけません。

 

妊娠初期は通常に比べて免疫力が低下しているので、風邪を引きやすいのに変わりはなく、インフルエンザにかかりやすいのです。

 

しかも体内は赤ちゃんを育てるのに集中している関係で、ウイルスを撃退するところまで力がまわらず、快復するのが遅れるという懸念があります。

 

インフルエンザウイルスは病原性が強く、免疫系に深刻なダメージを与えるので幼児や高齢者は合併症の危険性があるほど。

 

スポンサーリンク

 

それは免疫力が低下している妊娠初期でも同じことが言えるので、重症化するインフルエンザに十分注意しなければいけません

 

インフルエンザウイルスは直接赤ちゃんに影響を与えないかもしれませんが、母体が重症化していると、それだけ赤ちゃんへの負担は大きくなります。

 

またインフルエンザが重症化すると、命の危険もあるため、そうすると当然のことながら赤ちゃんの生命も危ぶまれるでしょう。

 

以上のことから、妊娠初期はインフルエンザにかかりやすいため、そして重症化しやすいので、インフルエンザを発症しない予防に重点を置くことが大切です。

 

 

3.妊娠初期でもインフルエンザ治療薬を飲んで大丈夫?

 

妊娠初期 インフルエンザ

 

インフルエンザの治療薬として、タミフルやリレンザなどが有名ですよね。

 

これらはインフルエンザウイルスの増殖を抑える役割があるので、発症してから48時間以内に服用すれば軽い症状で済み快復が早くなります。

 

とても有効な治療薬ですが、妊娠初期となると飲み薬には一層注意をしますから、果たしてタミフルなどを服用して大丈夫なのか不安になるでしょう。

 

妊娠初期の女性がタミフルを服用した際、流産や先天異常が起こる確率は上がらないとの調査結果があります

 

また家族や身近な人がインフルエンザにかかった場合は、予防目的でインフルエンザ治療薬を服用したほうが良いとも、日本産婦人科学会は述べています。

 

ただし予防目的で服用する場合は、服用している期間のみ有効ですし、100%の予防効果がある訳ではありません

 

もし発熱などの体調不良を感じたら、すぐにでも病院へ行きましょう。

 

このとき、かかりつけの産婦人科ではなく、一般内科を受診するようにし、他の妊婦さんにインフルエンザをうつさないようにしてください。

 

 

4.妊娠初期でもインフルエンザの予防接種を受けても問題ないの?

 

妊娠初期 インフルエンザ

 

妊婦さんがインフルエンザにかかったら、重症化し合併症のリスクが高まるため、母子に影響が及ぶ可能性があります。

 

であるならば、インフルエンザを発症しないように予防することが大切です。

 

その予防に効果があるとされているのが予防接種ですが、妊娠初期の妊婦さんにとってワクチン接種は抵抗がありますよね。

 

妊娠初期でも、インフルエンザの予防接種は問題ないのでしょうか?

 

世界保健機関(WHO)は、インフルエンザワクチンの優先接種の対象に妊婦さんを挙げています

 

ワクチンの接種によって、赤ちゃんに異常が見られるという報告はありませんから、予防という目的においてインフルエンザワクチンの接種は非常に大切と言えるでしょう。

 

予防接種を受ける際は、インフルエンザがピークを迎える2〜3週間前に行うと、抗体が体内に多くなる頃とピークが重なるので予防効果がより高くなります。

 

またワクチンを接種しておくと、症状が悪化するリスクを減らせるので、赤ちゃんのことも考えるなら接種したほうが良いと言えます。

 

 

まとめ

 

妊娠初期 インフルエンザ

 

ここでは、妊娠初期にインフルエンザにかかったときの対処法と、ワクチンを接種しても良いのかについて紹介していきました。

 

妊娠初期は神経質になるので、インフルエンザにかかったらかなり心配しますよね。

 

インフルエンザ治療薬やワクチンの接種により、流産や先天異常が高くなるという報告はありません

 

何よりも大切なのは、「インフルエンザを発症しない」環境づくりであり、マスクの装着や手洗い・うがいの徹底、栄養をしっかり取って十分睡眠を取ることも忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク



他にこんな記事も読まれています


妊娠初期 インフルエンザ
【最新】インフルエンザの予防接種を受ける効果や費用まとめ



妊娠初期 インフルエンザ
【インフルエンザ】風邪との症状の見分け方と発症原因まとめ



妊娠初期 インフルエンザ
インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?潜伏期間中の注意点とは?



妊娠初期 インフルエンザ
死を招く可能性も!インフルエンザ脳症が起こる原因と予防法



妊娠初期 インフルエンザ
予防効果はあるの?インフルエンザのワクチン接種が重要な理由



妊娠初期 インフルエンザ
薬で予防が可能?インフルエンザが治療薬で予防できる理由と注意点



妊娠初期 インフルエンザ
【インフルエンザ】予防接種や治療薬で起こる副作用の症状と注意点



妊娠初期 インフルエンザ
風邪とインフルエンザの症状の違いを簡単に見分ける方法



妊娠初期 インフルエンザ
インフルエンザウイルスが空気感染する理由と対処法まとめ



妊娠初期 インフルエンザ
その解熱剤…危険かも?インフルエンザに解熱剤が危険な理由とは?



妊娠初期 インフルエンザ
インフルエンザの感染期間中に相手へうつさない方法と注意点とは?



妊娠初期 インフルエンザ
インフルエンザに効果的なマスクの選び方と正しい着用方法



妊娠初期 インフルエンザ
インフルエンザでもお風呂に入れるの?お風呂に入れる時期と注意点



妊娠初期 インフルエンザ
インフルエンザが完治するまでにかかる期間を短くする方法



妊娠初期 インフルエンザ
免疫力で感染するか決まる?インフルエンザの感染を予防する方法



妊娠初期 インフルエンザ
湿度を上げると感染しない?インフルエンザと湿度の関係とは?